20200203【実戦記録】DT無くたって勝てんだよ(心臓バクバク

ホントは欲しくてたまらないんだけど。

スポンサーリンク

前回の記事について

沢山のいいね・リツイート頂けて僕は幸せです。

今回の記事は「1枚役C+青」について迫りたいと思います。 1枚役C+青のスペックについて ディスク打ちの皆さんが大好きな1枚役A...

Twitterに上げたら、「左滑った所から止まった」とか「バケ出て来た」とか色々情報をお寄せ頂きました。

Sammyさん、クラブサミーでみんなのモヤモヤを晴らしてあげてwww

僕は「左・中ビタならC+青の2確」まだ信じてます(`・ω・´)

どのパターンにしても、スイカの可能性を潰しつつ狙うのって大変やね。

是非チャレンジしてみてください。

( ´゚ω゚)あ

リーチ目名「たまえ」が気に入った方もいたようで嬉しいですw

しごおわ。

今日はホームの新台入替。

一度入れたら中々入れ替えないことで定評(僕の中で)があるんだけど、

ラブ嬢2導入

何が消えたかなー。

星矢の隣で人が天井目指してる時に大騒ぎする奴らが消えました。

結局MB(CB?)一回拾ったっきりだったな( ´゚ω゚)w

とりあえずラブ嬢2の小冊子を確保。

昔、小冊子集めてて捨てちゃったんだよな(´・ω・`)ハイパー後悔

落ち着いたところでディスクへ。

前日はひどい目に。

上には上がいるとは思う。

けど夕方から-1150枚は十分酷い。

貯まる不屈。

<○><○>ごごごごご

僕が不屈を解放(自分の意志ではできない)したらどうなるか分かってんのかな?なぁ、ディスクさんよ。

6000枚オーバーの出玉くれた後に「きっちり調整」される義理はねぇんだ。

ノーボナ266ゲームのディスクへ座り、

2ゲームで黒。

<○><○>分かってんのか?あ?

そして、「スッ」と飲まれる。

知ってる。一発目が早い遅いにかかわらず、お前はそういうやつだ。

以下履歴。

266 打ち始め
269 黒 0/1
207 青 0/2
296 青 0/3
208 青 0/4
98 赤 0/5
173 赤 0/6
63 黒 0/7
90 青 0/8
149 ヤメ

見事なノーDTフィニッシュ

こんなんだけど、

+757枚

こんな勝ち方は初めてよ( ´゚ω゚)ww

同色引けてるから8スルーくらいじゃ心は動かん。

「DT入ってたら」じゃない。

「DT入らなかったから引けた」んだ。

それが僕流です。

イカボール

15スルー食らった時も、もはや心が無かったからな。

今回も4スルーくらいで心が無くなったのかもしれません。

どうも、ディスクプロです(´・ω・`)どうも。 もう収支計算するのがつらくなってきたぜ。。 どこまでいくん。 さて、前回、...

↑その時の記事。

ディスク写真館

今日の一発目。

消灯&はさみで、ほぼ期待しない出目から。黒。

順押し黒テン拝むチャンスだったとかそういうのはいいの。

後悔先に立たずとはよく言ったものです。引けた事に感謝。

強ラジカセから順押し(左下段赤狙い)だったかな。

中は中段辺りに赤押してます。

この外れ方・・・C+青っぽさを感じるんだよね。ってところで出て来た青。

もしかしたらB+青の制御の可能性もあんのかな。もはや闇だけど。

滑り音はさみで0→0→0。

色忘れたw青か黒。

中段星止まらんあたり、こいつも怪しげな制御。珍しいなと思い激写。

レバルレ「⤴B」からひまわり押しでスイカ確定目。

「こんなもん当たるやろ( ´゚ω゚)」と、左上段に赤の下のスイカを押したら中段赤までズルリで赤テンパイ。

やはり。スイカ+赤だと赤引き込むね。当然っちゃ当然か。

颯爽と1枚掛けで赤を揃える。クール。

もし赤の可能性が消えても、次ゲーム「盆栽チャンス」できるね(´・∀・`)

ちなみに僕的に重複期待度が33%を超えてる場合は1枚掛けします。

  • ルーレット「⤴⤴」
  • ラジカセキャンベル発展
  • 3消灯スイカ

この辺は1枚掛けフラグ判別で期待値積めそうな気がしてます。

今回のパターンも1枚掛けしちゃうかな。レバルレで発展するの強いから。

無粋な打ち方だけどエンジョイ系ガチ勢だからな。しゃーない( ´゚ω゚)

今回の記事、お気に召しましたら是非いいね・リツイートをお願いします。○┐

ブログっつーのは読まれてなんぼ。

多少でも皆さんの参考になるようなことを書ければいいな(´・∀・`)

今回はこの辺で。

(´・∀・`)またね

↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
にほんブログ村 スロットブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
フォローボタン

シェアする

関連記事
トップへ戻る