【iPhone修理】画面が映らなくなったiPhone6sを直してもらった記録

突然動かなくなった愛機iPhone6s。
同じ症状を食らった方々のために、そして自分の為に。
復活までの道のりを備忘録として記録します。

強制再起動しても復活しない方、タッチパネルが動かない方、それに伴いバックアップが取れない方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

故障の状態

↓故障したときの様子はこちら↓

【悲報】イカボールさん所有のiPhone6sが逝く

故障の状態をまとめるとこんな感じ

  • 画面が映らない(真っ黒)
  • パソコンでは認識する(電源は入っている?)
  • iPhoneに電話をかけると、かけた側からは普通に呼び出し音が聞こえる(電源が入っていない旨のアナウンスは無し)
  • 電話がかかってきた状態でもiPhoneは微動だにしない
  • 本体横のスライドスイッチを動かしても反応無し
  • TouchIDについては、強制再起動をかけたため動作しているかは不明
  • 再起動後のパスコード入力(黒い画面の上から)を試みたが解除された気配は無し

ディスプレイが壊れたかと考えていましたが、スライドスイッチの反応もないことから基板(ハードウエア)側の損傷なんじゃないかと。

とりあえず修理を依頼

パソコンは使えるので、とりあえずAppleのホームページから修理依頼をします。

まずは「サポート」をクリック

「iPhone」を選択。

「修理」を選択。

修理(送付)にあたっての注意事項が出てきます。
忘れずに準備をしましょう。

といっても僕の場合、強制再起動を試みたせいでパスコード入力を求められバックアップが取れないんですがw

この記事に辿りついた方はこの「罠」に引っかかった方だと思います。
あ、強制再起動していない場合は直ちにバックアップを取りましょう。

ちなみに約1年前のバックアップが会社のPCにあったので最悪の事態は回避できそう。
しかし、数日分のパチスロ収支の詳細が飛びました。

あ、あとcoinchekの二段階認証のアプリが消えてしまったので、ログインできない状態にorz
こちらは運営に連絡し、二段階認証を解除してもらいました。

サインインすると自分アカウントに紐付いている端末が一覧で出ます。

また修理についての注意事項が

配送修理の事前準備

取り敢えずやるべきことのまとめは、

  • バックアップを取ろう!
  • iPhoneを探すをオフにしよう!(PCでicloudへログインすれば解除可能です)
  • 付属品はすべて外そう!(SIMカード、保護フィルム、ケースなど)
  • 端末を完全に初期化しよう!(「こんにちは」の画面)

修理内容の選択

僕の場合、画面が映らないという症状ですが、人によっては「充電できない><」という症状にも見える(ような気がする)ので一旦「バッテリーおかしいよ!」の流れで修理依頼することに。

バッテリー交換の料金は以下のとおり。

依頼が完了するとメールも届きます。

見積額はご覧の通り3,456円。これで直ったら嬉しい。

ちなみにメール記載のURLから

途中経過も確認できます。便利な世の中ですねー。

予定の日時に自宅へヤマトのお兄さんが端末を取りに来ました。
ちなみに梱包等は一切不要。本当にiPhoneを渡すだけです。

よろしくお兄さん。

あちらに届いたようです。

そして、案の定というか

「お申し込み時にご報告いただいていない問題が見つかりました」

だそうです。

そりゃそうよ、修理依頼を複合的にできない形にしてるんだもの。
もうちょっと優しい依頼フォームをAppleに要望したいです。

ここで「直す」or「そのまま返してもらう」の2択を迫られます。

検査した結果、ここが悪いとか具体的な部分を出さないのもマイナスね。
Appleらしいといえばそうなんだけどw

多分「電話でオプションを確認したい。」を選択すればアドバイザーが教えてくれるんじゃないかなー。仕事中に修理依頼をかけたので(←)電話は無しでー。

というわけで、有償修理19,224円(税込)を選択。

世の中金だな、と思った瞬間。
まぁ、そりゃそうだ。

どこが壊れていたのか

けどお金出すからにはやっぱ気になる不良個所。
金額的には画面関係っぽいです。

ただし、本当に画面が悪かったのかは疑問。
電話かけても音もバイブも動かないのは他の部分にも問題があるんじゃないかと。

まぁ画面修理料金で済ませてくれたAppleの優しさかもしれませんね。

と、謎に擁護してみるww

実際、その他の問題で修理依頼した場合は次の料金となります。

15,000円位は安くなりそう。
実際、僕のiPhoneは内部基板とか逝ってた可能性もあるのでラッキーと言えばラッキーなのかも。

本来徹底的に調べ上げる所を、Appleは「無駄な手間をかけない」というスタンスなんだろうなーと考えています。交換品送った方が早いしね。

iPhone戻ってきた・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+

ついに僕のiPhoneが戻ってきた!
案の定、交換品ですがw

丁重にお詫び。お詫びも一流。
ええんやで、ええんやで。

しかし疑問が一点。

何も知らずに前述の36,800円コース頼んでたらどうなっていたのか。
一瞬ブログネタ用に危ない橋を渡ろうかとも思ったのですが踏みとどまりました。

一応、見積もりより安くなる場合もある、とは修理依頼の際に書いてありましたが。

修理依頼まとめ

今回、バッテリー交換料金だけで修理完了!とはいきませんでしたが、画面真っ黒でどうにもならない場合にはとりあえず「バッテリー交換」で修理依頼を出すべきかもしれません。

分からないものはプロに任せよう!・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+

お得に端末交換を受けれる可能性はありますね。

格安simであるがゆえの代替機問題

ワイモバやらUQやら、大手キャリアの直系格安sim業者であればショップを構えていたり家電量販店で対応してくれたりしそうですが、僕の場合はmineo(マイネオ)と契約しております。

オプションで交換用端末を提供するサービスもあるのですが、万が一っていうのは急に来るもので。

僕の場合ですが、Softbankやauと契約していた頃は「2年おきにiPhone機種変、使っていた端末は下取りに」というパターンでしたので、スマホはiPhoneひとつだけ。
こういう人多いんでないかな?

個人的には「自前で代替機」をオススメします!・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+


マウスコンピューター SimフリーWindowsPhone (Simフリー/Windows10 Mobile/5inch/MicroSD16GB同梱/保護シート付) MADOSMA Q501A-WH

simフリー端末な上に激安!MicroSD、保護シート付き!
価格は変動の可能性があるのでリンク先を参照してくださいねー。

OSはスマートフォンの中でも希少種な「Windows10Mobile」。

人と一味違った端末を持ちたいという欲求を満たしてくれますw

そもそもiPhone戻ってきたら使わなくなるので、お金かけれんしw
これで嫁のiPhoneの万が一にも対応できる・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+

【注意事項】iPhoneとはsimカードの大きさが違います!!

simカードには以下の3種類の大きさがあり、各端末に合ったサイズのsimカードを入れる必要があります。

  • 標準SIM(15mm×25mm)
  • MicroSIM(12mm×15mm)上記のsimフリー端末はこれ
  • NanoSIM(8.8mm×12.3mm)iPhone6sはこれ

取り付けるにはアダプターが必要になります。
オススメはこれです。


Blue Sea Kingmobile iPhone7/7Plus/6/6Plus/6S/6SPlus/5/5S/5C専用 NaNoSIMサイズ アクティベートカード au用 6007

アダプターが付いているので、NanoSIM→MicroSIM→標準SIMとサイズアップが可能です。

iPhoneのアクティベーションには通常、契約状態のsimが必要なのですがこれがあればsimなし運用もできます。こちらも万が一に備えて一つあれば安心ですね。

まとめ

やはり日頃からのバックアップは重要だなと。

神経質な人は毎日。そうでもない人は週1~月1。
この記事で「はっ」とした人は今すぐバックアップしましょう!

ゲームデータなんかは運営サーバー側で管理されている(はず)なので最低1回バックアップを取れば復旧する可能性は大です。

自分の場合もクラロワパズドラ、その他色々、約1年前のバックアップデータから復旧しました!

ではでは、良きAppleライフを(・ω・)マタノス

↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
にほんブログ村 スロットブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
フォローボタン

シェアする

関連記事