【第2回】CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア 保留アイコンまとめ

パチスロ系ブログの癖にパチンコ記事書いちゃうおじさんです(´・ω・`)どうも

前回は基本スペックや打ち方をご紹介しましたが、今回は保留のアイコンについて掘り下げていきます。

一度に纏めるにはボリュームデカすぎなので連載形式にします事をお許し下され_(´ཀ`」 ∠)_

スポンサーリンク

保留の種類について

結構細かい法則があったりするので、要チェック!
知ってると知らないとじゃ楽しさは雲泥の差です・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+

さて、保留の種類についてですが大まかに言うと4種類です。
期待度順に並べると、

  • 通常保留(ステージによって形状は違います)
  • 校章保留(白・青・緑・赤)
  • 手紙保留
  • デュランダル保留

基本的に下に行くほど高期待度です(※例外あり)。

では、それぞれの保留についてご説明

通常保留

基本的にハイワロ。無表情。
ただし保留変化するとデュランダル保留(最強保留)になるという尖ったやつ(´・ω・`)w
後述するけど、内部で保留変化してる可能性があるニクいやつ。

校章保留

  • 白…期待度3%未満
    (校章全体の当たり振り分けで考えると白が一番多いと思う。)
  • 青…青のまま消化は大当たり濃厚
    (基本的に緑・赤に変化)
  • 緑…期待度10%
    (言うほど強くないけどワンチャン)
  • 赤…期待度60%
    (強めのチャンス)

校章保留は基本的に白で出現。まれに色ついて出てくるけど。

その後、保留の消化途中で更に色が昇格する可能性あり。

手紙保留

わざわざ平仮名で「てがみ」と書かれた手紙保留。
大当たり期待度は他の保留と比べて高め。トータルの期待度は10%程度です。

手紙の中から色々なものが出てきます。期待度は以下の通り。

  • 防人:4%
  • 常在戦場:12%
  • 継続:10%
  • 継続×2:14%
  • ギアペンダント:16%
  • ノイズ1体:4%
  • ノイズ3体:11%
  • 巨大ノイズ:31%
  • 絶唱:71%
  • デュランダル:74%
  • 愛:大当り濃厚
  • パトランプ:大当り濃厚
  • デュランダル保留 72%

ちなみに変動開始時に開封は期待度57.9%。俗にいう「即開封」です。

手紙保留自体の保留変化は無いものの、手紙保留の前が全て手紙になる「全手紙」(期待度57.9%)があり。

たまたま手紙4枚撮れました(´・ω・`)w

あくまでも手紙保留の前が全部手紙になるって演出なので、2枚だろうが4枚だろうが期待度は変わりません。

ちなみに、通常の状態で保留部分に複数の保留変化が発生することはありません。

これ、大事なことだからね?理由はこのあと。

戦姫絶唱シンフォギアGX 立花響 1/7 完成品フィギュア(再販)[ホビーストック]《02月予約》


戦姫絶唱シンフォギアGX 雪音クリス 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

デュランダル保留

オーバーサイズの剣が「そいつが切り札だ!」の声と共にぶっ刺さります。

本機最強の激熱保留。

あ、青保留が最強かwwあれは条件付きで確定だからなw

最強なだけで、もちろんハズレもありますが期待せずにはいられない保留でっす!

S2CAリーチとかの弱リーチは外れる可能性(というか外れるための演出w)あり。

素直に絶唱に行くことを祈りましょう。

保留変化について

保留変化の法則として、

4つの保留アイコンの中に変化したアイコンがある場合、変化したアイコンが消化状態に入るまでその後にたまった保留は変化しない。

という法則があります。

なので、

通常保留 手紙 通常保留

と溜まっている場合、ヘソに玉が入っても10000%その保留は通常保留になります。OK?

手紙保留が外れた後、強い煽りが発生した場合。

それは内部的に手紙かも?もしかしたら青保留かも?な状態になります。

これが意外とワクワクポイントで、通常保留からぶっ刺さる場合はこのパターンが多いかな?

まとめ

取り敢えず、保留の基礎知識でした。

シンフォギアのいい所にはなるんですが、当たるか当たらないかは保留の種類よりも消化時の内容の方が重要なんですね。通常保留もぶっ刺さる事はあるし、当然デュランダル保留から外れることだってあります。

次回はリーチ演出に迫ってみます・:*+.ヽ(( °ω° ))/.:+

シンフォギア打った事が無い方の参考になれば幸いです。

次回をお楽しみください。

↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
にほんブログ村 スロットブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
フォローボタン

シェアする

関連記事