【仮想通貨ガチ収支】ちょっとビットコインと僕の歴史を語ってみようかな(´・ω・`)w

毛嫌いする人もいるかもしれんけど、お金の話は嫌いじゃないよな?

スポンサーリンク

ビットコインとは

本末転倒だけど「詳しくはググってくれ」w

すんげぇ簡単に言うと、

  • 電子的お金
  • 実物は無い
  • 国に関係なく取引できる(世界共通のお金のイメージ)
  • 日々、というか秒単位で価値が上下
  • 取引は24時間可能(取引所が落ちない限り)

【以下イメージ】

ゲームの中の通貨に実際に価値があって、その通貨を買うにはリアルマネーが必要。

日々ゲーム内の掲示板に「今日の価値は○○円!」って書いてるイメージ。

それを売ったりして、リアルマネーに変えたりって感じ。

やったことない人からすると危ないイメージしか湧かないかもしれないね(´・ω・`)w

株とか相場的なものに近いジャンルのものになります。

ただ、ハッキリ言っておく。

パチンコ・パチスロの方がよっぽど負けれっから( ´゚ω゚)www

勝負するレートは自由に決めれるイメージ。

例えば今現在のレートが1BTC(ビットコイン)で100万円だとする。

ビットコインの最小注文数は0.005BTCから買えるわけ。

0.005BTC=5000円

次の日価格が上がって、1BTCで102万円になったとする。

そうすると、

0.005BTC=5100円

ここで売れば100円のプラス。

簡単ね(´・∀・`)

ちょっと強気に0.05BTC(50000円分)買ってれば10倍の利益。

強気に0.5BTC(500000円分)買ってれば100倍の利益。

勿論逆に下落した場合には損になります。(※ただし、売却した場合)

で、パチスロでいう技術介入・知識介入って言う部分で言うと、世界情勢や金融危機、円とドルの相場など色々な部分が起因して価格の上下が起きると言われています。

ただし、ハッキリ「これが原因!」って言えないのが現状です。

また、クジラと呼ばれる超大口の投資家などがガバガバッと売ったり買ったりすると暴騰や暴落が起きたりします。

この辺を読み切った人が勝っていく仕組みだね(´・∀・`)

最近だと、「○○がミサイル発射」とか「コロナウイルスが」とかで、自国の危機的状況の時に資産を仮想通貨に逃がすってパターンも多そうです。

戦争とかって、お金がゴミになる可能性があるからね。そういう時に上がったり。

超ざっくりだけど、パチンコ・パチスロ打つ時と一緒。

ある程度資金に余裕を持たせないと追い切れないってイメージ。

ただし、上にも下にも青天井

メンタルも大事な部分になってきます。

僕が仮想通貨取引をはじめたきっかけ

2018年1月10日

おかげさまで第2回です。 前回の記事はこちら↓ 【実戦記録】20171210 地元で強いと言われている店の特定日に行ってみました...

星矢で+11288枚

2018年1月15日

星矢で+11985枚

「5日ぶりに万枚だしたわ」

というパワーワードが生まれました。

ちょうど2017年末、大暴騰していた仮想通貨。

「億り人(おくりびと)」って言葉が生まれたのも懐かしい話だね(´・∀・`)

出川哲朗氏が年末にかけてCoincheckのCMに出ていたことで一気に仮想通貨が盛り上がりました。

便乗して仮想通貨を始めた人たちを「出川組」なんて言ったもんです。

なので僕も出川組です( ´゚ω゚)w

ちょっと星矢に仮想通貨買ってもらうかってことで、Coincheckアプリから購入。

その後、アプリで購入しなくても板取引と呼ばれる個人間取引の方が手数料がかからずお得ってことで取引口座を開設してみることに。

僕が口座開設を申し込んだのはCoincheck(コインチェック)。

開設の手続きで、最終的に自宅に届くはがきを受け取ると本人確認完了で板取引をスタートできる。

はずだったんだ。

2018年1月26日

コインチェックがすべての取引通貨の出金一時停止を発表。

はがきを受け取った時点で停止されている取引。

ネタとしては最上位クラスの面白さだと思ったよ( ´゚ω゚)くそが!w

これがCoincheck (コインチェック) NEM流出事件である。

Coincheckのシステムがウイルス(マルウェア)に感染し、ハッカーにNEM(ネム)と言う名前の仮想通貨を580億円(当時)相当抜かれたというものです。

その影響か、どんどん価値が下がっていく僕の仮想通貨たち。

売ろうにも何もできず、ただ見ているだけ(´・ω・`)

仮想通貨取引のはじまりは最悪のスタートとなった訳です。

仮想通貨が過熱した2017年とは打って変わって、2018年は言わば冬の時代

僕が学校卒業した時を思い出すな。就職氷河期と呼ばれる時代でした(´・ω・`)

不遇過ぎやしませんか。

各年の収支

大して勉強してなかった僕も悪いんだけど、最初の年は大負け。

「損切り」「ナンピン買い」など、投資手法は何となく覚えたけど、下がり続ける相場で現物取引だけでは成す術なしでした。(※FX等の信用取引はリスクが高いのでやっていません)

という訳で過去収支。

2018年:-439,013円(星矢の分溶けてる( ´゚ω゚)ww)

2019年:+225,562円

2020年:+3,000円くらい(今日現在)

半分は返ってきたね。

去年もだったけど、ローリスクローリターンで回していきたいと思います。

1日100円の利益って言うとしょぼい感じもするけど銀行の利息とかと比較すると破格よ?

仮想通貨取引は株のような投資とは違い、投機だ。

要するにギャンブル的な立ち位置。

エンジョイ系ガチ勢を自称する僕からしたら今のパチスロはギャンブルじゃないんだけども。

パチンコ・パチスロ=投機=仮想通貨

こんな式が成り立つなら、仮想通貨だって勝てるんじゃないか。

そう思ってやっています(´・∀・`)w

今んとこ皆さんのメシウマですが、無味またはメシマズになるようにゆるゆるとやっていきます。

この記事がお気に召しましたら、または「俺も出川組だぜ!」って方がおられましたら是非いいね・リツイートお願いします○┐

今回はこの辺で。

(´・∀・`)またね

↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
↓1ポチで出来るブログの応援(・ω・)↓
にほんブログ村 スロットブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
フォローボタン

シェアする

関連記事
トップへ戻る